乳酸菌とはどんな菌なのか?

 乳酸菌とは、ある一種類の微生物を指しているのではなく、ヒトの体の中でブドウ糖や乳糖を分解して、乳酸を作り出す微生物の総称です。乳酸菌は発酵食品の製造には欠かせないもので、昔から様々な加工食品に利用されてきました。海外ではヨーグルト、バター、チーズなどの乳製品で、日本ではぬか漬け、お味噌、しょう油、そして最近あらためて見直されている塩麹(しおこうじ)など、古くから私たちの食生活の中に根付いているのです。

乳酸菌の役割

(その1)腸内細菌フローラを保つ

 腸内細菌フローラとは、セロトニンやドーパミンなど「幸せ物質」を作り出す腸内細菌が集まったものをいいます。腸内細菌フローラは、悪玉菌の力を抑えたり、病原菌の侵入を防ぐ働きをしています。

(その2)消化吸収を助ける

 腸内の食物の消化・吸収・代謝活動を手伝ったり、ミネラルの吸収や排出をコントロールします。

(その3)有害物質・病原菌を抑える

 腸内の酸性度を一定に保つことで腸内腐敗を抑え、下痢や便秘を防いで、有害物質や病原菌の増殖を食い止めます。

(その4)ビタミンの合成

 ビタミンB群、ニコラン酸、ビオチン、葉酸といったビタミン類のほか、副腎皮質ホルモンや女性ホルモンなどのホルモン合成作業を助けます。

(その5)免疫機能を高める

 大食細胞(マクロファージ)やNK細胞(ナチュラルキラー細胞)といった免疫システムに関する白血球を活性化させるなど、免疫系の機能を高めてカラダを病気から守ります。

(その6)インターフェロンを高める

 ウィルスなど異物の侵入を細胞に知らせ、ウィルスの増殖や病気の発症を食い止める「インターフェロン」を作り出す機能を高めます。

乳酸菌が少ないとどうなるのか

腸内細菌のバランスが崩れると、こんなことになりかねません。

  • 腸のぜん動運動が弱くなる ⇒ 便秘になりやすくなる
  • ホルモンバランスが乱れやすくなる ⇒ 肌荒れを起こしやすくなる
  • 消化吸収力の低下 ⇒ 肥満・アレルギーを起こしやすくなる
  • 免疫力の低下 ⇒ アレルギーや風邪をひきやすくなる
  • 腸内腐敗の進行 ⇒ 肌荒れ、アレルギー、慢性の病気
  • ビタミンの不足 ⇒ 肌荒れ、老化の進行
  • 病原菌に感染しやすくなる ⇒ 風邪や食中毒にかかり易くなる

善玉菌がヒトの体にどれだけ大切なもだったか、思い出していただけたことと思います。
(と書いてる私も最近不摂生してるので、自分の腸内を想像して空恐ろしくなりました・・・^^;)

乳酸菌を増やす

腸内細菌は、食事やストレスなどによってその量やバランスが変動します。私たちのカラダにとって大切な善玉菌を増やすには一体どうしたらいいのでしょうか。

(食事について)
​ 乳酸菌を含む食品や飲料、オリゴ糖などのビフィズス菌や、腸内の有用菌を増やす成分を含む食品、食物繊維が豊富な野菜などを日々積極的に摂取することが第一に求められます。ただし口から摂取した乳酸菌は腸管内に定着がしづらく、1日~数日で便とともに排出されてしまうので、乳酸菌を含む食品を定期的に摂取し、腸内に善玉菌が多くいる環境を作ってください。
 そして乳酸菌を増やすには、乳酸菌そのものを増やすことに加えて、乳酸菌のエサになるオリゴ糖や水溶性の食物繊維をバランス良く摂ることもポイントになります。また悪玉菌を増やす肉類と油脂類を偏って取り過ぎないようにすることです。

(ストレスについて)
 言うまでもありませんが、ストレスはなるべくためない様にすることが腸内細菌の安定には望ましいです。ストレスは解消することを心掛けていただき、善玉菌の減少を防いでくださいね! (とは言え、私たちにはこれが一番難しいことかも知れませんが・・・^^;)

食事やストレスコントロールだけで腸内バランスを維持することはなかなか難しいと思います。サプリメントなどの補助食品を上手に活用するのも一つの方法です。

△生命の乳酸菌 TOPページに戻る

© 2015 生命の乳酸菌|腸まで届くといいことが! rss